ギブ・ミー・チョコレート!(2017)

Give Me Chocolate
Jan 21-22, 2017
Honmoku Yokohama, Japan

 
本作品は、劇作家によってコミュニティ内に仕掛けられた「秘密結社」によって、地域に積み重なる複層的な歴史や人々の物語を行き来する演劇作品である。ソーシャルメディアや広告は一切使わず、地域住民間の紹介のみで組成された秘密結社GMCのメンバーたちが、上演当日、それぞれの家や職場、お気に入りの場所などさまざまな場所に潜伏している。観客(参加者)のミッションはヒントが書かれた指示書を元に彼らを探し出し、あらかじめ決められた合言葉やパフォーマンスを仕掛けることによって、彼らメンバーからチョコレートと彼ら自身のパーソナルな物語を手に入れること。この作品は、「あなた」と「わたし」の間にだけ立ち上がる、ごく個人的な演劇である。

本プロジェクトは、日本の敗戦後、約30年以上に渡って米軍に占領された地域・本牧で、石神夏希のソロプロジェクトとして2015年にスタートした。子どもたちが生き抜くために覚えた英語のフレーズ「ギブ・ミー・チョコレート」は敗戦のシンボルであると同時に、旧住民・新住民といった断絶された複数のコミュニティを貫く共有の記憶でもある。2017年はペピン結構設計として本牧で上演したのち、石神がメルボルンのオペラハウス、マニラ郊外のダンプサイトで知られるスラム・パヤタスに滞在し、それぞれの地域コミュニティとコラボレーションして制作・上演を行っている。

"Give Me Chocolate!" is a play interwoven with communities' accumulated multi-layered histories and personal stories through a "secret society" planted in the communities by the playwright. Members of the secret society GMC - formed only through local residents' network and without using social media or advertisements - hide in their own homes, workplaces, favorite spots, and various places on the day of the show. The mission of the audience (participants) is to seek them out by following the provided directions and hints, and to receive chocolates and personal stories from the members by giving them agreed-upon passwords or performances. This is a minimum play that only appears between "you" and "me".

This project was firstly produced as Natsuki Ishigami's solo project in 2015 in Honmoku, a town occupied by the U.S. military for over 30 years after Japan's defeat in World War Ⅱ. "Give me chocolate" - an English phrase children learned in order to survive - is a symbol of defeat as well as a shared memory between several separated communities of old and new residents. Following its replay as Pepin's collaborative project in Honmoku in 2017, the play was produced and performed at an opera house of Arts Centre Melbourne and the Payatas Dumpsite near Manila, in collaboration with the local communities.