屋上を舞台にした作品 (2016)

Actors in the Rooftop View
October 28 - November 27, 2016
Fuji, Shizuoka, Japan

 
Photo: Ujin Matsuo
富士の山ビエンナーレ2016参加作品。イケダビルの屋上で、この富士川河口に広がる地域の成り立ちを音声によって重層的に表した作品。街に出て、出会う人々に耳を傾け、話に出てくる場を訪ね歩き、今ではもう見ることのない風景を描き出す。その過程で、この街を生み出したものは、山と豊富な水であることに気づくだろう。音に誘われるままに屋上を進んでゆくと、やがてそこに、江戸や明治、昭和と時代を飛び越えながら、水を巡る人々の営みが立ち上がる。一つの時代が終わりを迎えている。それでも富士山はそこにあり、水は流れ続けている。

Participating the Fujinoyama Biennale 2017, this sound installation represents the polyphonic history of the area spread around the mouth of the Fuji River, by collecting various sounds from the nature and the townscape. Walking around the rooftop of a building in the shopping street, guided by narration piped into their ears from provided headphones, the viewer experienced the lives of local residents spent side by side with the water across the ages from ancient, early modern to depopulating period.