Member:
Natsuki Ishigami 石神夏希
Yusuke Satomi 里見有祐
Tomonori Shimoda 下田寛典
Daisuke Nakazawa 中澤大輔

ペピン結構設計?
1999年、高校の同級生5名で結成。慶應義塾大学の学生を中心にメンバーが集まり、STスポットやBankARTなど横浜の劇場にて作品を発表。また地元オフィスビルを再利用した創造拠点「北仲WHITE」に入居し、アトリエ「ぺピンポート」として改築しながら稽古~公演までを行った2006年『蜜の味』など、一貫して横浜を拠点とした作品製作を行う。

2002年、『東京の米』にて第二回かながわ戯曲賞最優秀賞受賞。2004年、同作品にて東京国際芸術祭リージョナルシアターシリーズに参加。2010年までに17本の作品を上演。結成当初よりメンバー全員で企画立案を行い、石神夏希が作・演出を担当。メンバー各々の日々の生活から生まれる問題意識を持ち寄り、作品に反映させることをポリシーとしている。

Pepin Structural Designs?
A performing arts company Founded in 1999 by by five high school classmates, Pepin Structural Designs has consistently produced our work in Yokohama, which has been our base. We have performed 18 pieces up to 2010. Since its inception, all of the group's members have been involved in the planning of the projects and Natsuki Ishigami has written and directed our works. Our policy for creation, is for each member to bring a topic that we become aware of in our daily lives to incorporate into our projects.

COLUMBA?
ペピン結構設計の脚本・演出の石神夏希によるユニット。神話・昔話・民話などの古くから語り継がれる物語に表現される世界観・心性をモチーフとして、物語の起源や伝承について考察し、現代劇を創作。

COLUMBA is a solo project for Pepin Structural Designs' playwright/director Natsuki Ishigami. COLUMBA makes contemporary theater pieces by using spirits and perspectives represented in myths, ancient stories and folk stories as motives, examining those origins and traditions.